ケンリャマ組立手順

●セット内容(組立前にご確認ください。)

IMG_7448

・板(大)…1枚      ・板(中)…1枚
・板(小)…1枚
・M4×22mmステンレスなべ小ボルト…3本
・M4×20mmステンレスなべ小ボルト…4本
・M4×55mmステンレストラス小ボルト…4本
・M4ステンレスばねワッシャ…7枚
・M4ステンレスナット…11個
・POMスペーサ(内径4×外径8×高さ6)…3個
・ビーズ…3個(うち予備1個)
・Φ11mm鋼球…6個 ・ヒモ…1本

プラスドライバーと瞬間接着剤をご用意ください。

●組立手順

まずは板から部品を全て取り外します。
IMG_7449

力任せに外そうとすると思わぬ破損に繋がります。
部品を持ってゆするようにして外しましょう。

使う板部品はこれで全部です。
IMG_7450

初めに「けん」を組み立てます。
一番大きいパーツである「けん」の中心にある一番小さい穴にヒモを通します。
IMG_7451

もう一つの「けん」にも同じようにヒモを通します。
IMG_7452

そして「けん」外側から出たヒモの片方にビーズを通し、ビーズが抜けない程度の結び目を作ります。
ビーズがストッパーとなりヒモが抜けなくなったのを確認してください。
IMG_7453

前工程で作成した「けん」を開きます。その際にヒモが抜けないようご注意ください。
展開した「けん」片方の内側のT字の上、細長い溝に剣先のパーツを置きます。
t字の右に大皿リング、左に小皿リング、下に中皿リングを各支持パーツを置きます。
中心の大きい穴4つに鋼球を置きます。

ここで注意。
皿リングは写真中一番右だけ少し内径が小さいです。
これを中皿(けん玉を置いた時に床と接する箇所)にしましょう。
けんのバランスが良くなります。
IMG_7454

上の各パーツを置いた「けん」パーツの反対側から22mmボルト3か所に挿し、
そこへPOMスペーサをはめ、ボルトが抜けないように抑えながら次の手順に進みます。
手の様子からもわかる通り、ちょっとやりづらいです。
IMG_7456

もう片方の展開した「けん」パーツをゆっくりはめ込みます。
はめ合いを確かめながらゆっくり作業しましょう。
はめた後でヒモが変な所に通っているというのもありがちです。

はめ込んだ「けん」からはみ出たボルトにナットだけ取り付け、仮固定します。

一か所ずつナットを外し、ばねワッシャとナットを入れ、ドライバを回して固定します。
これで「けん」の完成です。

IMG_7457

IMG_7458

次は「たま」。

「たま」の丸板パーツのうち、十字の切込みと4つ穴の空いたパーツの『十字部分』にヒモを通します。
IMG_7459

次に外側四方に切込みと4つ穴、中心に細い穴の空いたパーツを用意し「けん」から繋がったヒモを
その中心の細い穴へ通します。
IMG_7461

ヒモを「けん」と同じようにビーズをと結び目で固定します。
IMG_7462

縦板にあたる櫛形のパーツ4枚のうちの1枚に、丸板パーツをはめていきます。

丸板パーツのうちの一番大きいもの1枚と、次に大きいもの2枚をはめます。
重ねてみると大きさの確認がしやすいです。
一番左の丸板パーツだけ少し大きいです。
IMG_7463

櫛形パーツの一番膨らんだ部分の切込みに一番大きい丸板パーツを。
IMG_7464

その上下二番目に大きい丸板パーツをはめます。
IMG_7465

残った切込みにヒモを通した丸板パーツを、先にはめた丸板側にビーズが向くようにはめます。
IMG_7466

残りの櫛形パーツ3枚を組みましょう。
はめ合いはキツめです。
合わせ目を確認しながら、ゆっくり、板材が干渉してめくれたりしないよう慎重に作業して下さい。
IMG_7467

だんだん玉の形になってきました!
IMG_7468

「たま」組立手順の最初にヒモに通しておいた十字の切込みのあるパーツを、ヒモが出ているパーツに接する形で組みつけます。
ここもキツめに設計してあります。
かまぼこパーツを中心に向けてしっかり押し込み、十字切込みパーツを水平にハメましょう。
ヒモ側、「たま」の頂点の方はこれで完成です。
IMG_7469

穴側に残り2枚の丸板パーツを組みつけます。
大きいパーツから順に、これも慎重に。
IMG_7470

IMG_7472
IMG_7473

トラス小ボルトを4個、穴側から通して頂点側にばねワッシャとナットを取り付けます。
IMG_7474
IMG_7475

仕上げに、剣先保護のために瞬間接着剤を着けます。
瞬間接着剤を着けてしまうと完全分解はできなくなるのでご注意ください。
「たま」のヒモが出てきている部分の四角穴もヒモが擦れて減る傾向にあります。
ここにも瞬間接着剤を着けるのをオススメします。
なるべく瞬間接着剤がヒモに着かないように注意して作業してください。
IMG_7476

これでケンリャマの完成です!
お疲れさまでした!