Monthly Archives: 8月 2016

事前注文限定の黒ハートランド

時事になりますが、去る2016年8月21日にBREAKTHROWが開催されました。
フリースタイルコンテストと練習会対抗戦に大変楽しませてもらいました。
そして、会場の一角にヨーヨースタジオリャマのブースを設けていただき、これまでにリリースしたヨーヨーのプレイアブル展示が実現。
2011年に初めて作った、リャマの名前を冠する以前に作ったものから全てが一堂に会するのは、史上初めてでした。

さて本題です。
BREAKTHROW開催前に、リャマブースにてハートランド(2016)の注文先行受け付けをすると告知したのですが。
いざ始まってみるとフリースタイルと練習会対抗戦のジャッジに終始してしまい、予想以上にリャマブースに居る時間が少なくなってしまいました。
きちんと対応できず、誠に申し訳ありませんでした。
ですので、ここできちんと受け付けしたいと思います。

まず、ハートランド(2016)については、先日アップした記事をご参照ください。

価格は14,800円(税込)
国内生産、小ロット生産かつ軸素材がアルミーゴHardであるため、この価格になってしまいます。
その分、確かな品質のものをお届けできるよう努めます。
注文締め切りは8月末まで。
お届けは9月中の目標です。

事前注文ということで、ウェブストアでなくメールで受け付けいたします。
yoyostudiollama@gmail.comまで、下記項目を埋めてメールを送信してください。
そして、メールでの事前注文限定で、黒デルリン(POM)のボディをご選択いただけます。
よろしくご検討ください。

【件名】
ハートランド注文

【本文】
ご氏名:
ご住所(発送先):
電話番号:
メール:
注文個数:
カラー:(例:白1個、黒1個)
お支払い方法:銀行振込もしくは郵便振替からお選びください

折り返し、お支払いについてご連絡差し上げます。
その際に、別途送料520円を頂戴する旨もお知らせさせていただきます。

新素材を使用して生まれ変わったハートランド。
そのまま振ってよし、ボトルキャップをはめてカスタマイズを楽しむもよし。
特に限定の黒ボディを含め、この機会をお見逃しなく!

DSCF1860

またボトルキャップを集める日々が始まります

4年ぶりに進化して返ってきました!

ハートランド(2016)

DSCF4819

DSCF4820

直径:55mm
幅:44.6mm
重量:63g
ボディ:POM(デルリン)
アクセルセット:アルミーゴHard
ベアリング:Dサイズ
レスポンス:JKRスモール/フラグメントサイズ

基本的な形状は初代と同じ。軸構造が新しくなって性能アップしました。
金リム機種であるオタンクレール/オタンノワールの軸『アクセルセット』。

15142237788_40db74778f_z

そして、フルチタンヨーヨーDTi の最大の特徴である、左右のボディに雄ネジと雌ネジを持たせた『こリャマまぁすごいアクセルシステム』。

22038769465_3f407e2bb8_z
21851872039_62cb1b674a_z
DTi-017-断面図

そのふたつを組み合わせたのが、このハートランドに搭載した『こリャマたすごいアクセルセット』です。

axleset

基本的な構造はアクセルセットとし、DTiと同様に雄ネジと雌ネジの左右非対称に。
ネジ締めのストロークはやや長く組み立て時間は延びますが、ネジ山のかかりを増やして締め込み応力を分散。
さらに、左右のアクセルセットの端面同士をしっかり当てることで一体化し、必要以上の剛性を保持するに至りました。

DSCF1849

そして素材はアルミーゴHard。
超々ジュラルミンと同等の比重でありながら、強度はステンレスに匹敵するアルミ合金です。
アルミ系の素材は粘りがあるせいでかじりやすくネジ用途には不向きと言われていますが、こリャマたすごいアクセルセットはまるでステンレスで作られているかのようにストレスなく扱えます。
初代よりも中心が軽量化されたため、全体の重量も軽くなったにも関わらず回転力は向上しています。

それから、ハートランドといえばボトルキャップ。
飲料メーカーごとにボトルキャップの形状が若干異なるため、一部はそのままでは取り付けられません(なるべく多くのキャップが合う寸法には設計してあります)。
また、ボトルキャップは高回転に耐えうる精度や強度がありません。
取り付けた際はブレが生じやすいです。
ブレにくいキャップを探すか、ブレない位置を探すなど、使う方に工夫していただく必要があります。

8446813195_517b22a3df_z

初回ロットは受注生産になります。
次期ロットの予定はありません。通常販売は初回ロットの余剰分が発生した場合に留まるものと思われます。
まずは、breakthrow会場にてご注文いただく機会を設けさせていただきます。
プレイアブル出展しますので、まずは振りに来てください!

DSCF1860

リクリさんとコラボレーションしました(勝手に)

ヨーヨーリクリエーションのFAY。
組み立てで締めすぎることがないよう、必要以上の負荷がかかるとボディと軸とが空転します。
初心者に優しく、経験者にも易しいその軸構造に惚れ込んだヨーヨースタジオリャマが、FAYをモッズしてこんなものを作ってみました。

超FAY

fay01

fay02

直径:60mm
幅 44mm
重量:68g

直径はノーマル比で2mmの小径化。
幅は2mm拡大。
そして、ステンレスリムを搭載して金リムにして増量してしまった分は、キャップの内側を削り込んで調整。
そうそう、キャップがコインで外せる機構も本当に素晴らしいですよね。

この超FAY、問題がひとつだけあります。
それは、モッズするコストがトライアドを買ってお釣りがくるくらいになってしまう点。
でも好きなヨーヨーだからいいんです。
好きすぎて、キャップデザインまで作りました。

単色刷り

このデザインがいつの日か実際にプリントされる日がきたらいいなと夢見ながら振る超FAYが、また素晴らしいんです。
楽しいですよ、超FAY。

ちなみに、8/21に開催されるBREAKTHROWにてプレイアブル出展します!
ぜひ振りに来てくださいね~。

BREAKTHROW!!!あと新機種も

28663160571_98641869cd_c

気づけば8月も半ば。
青森県のうち津軽地方に属する弘前市は、ねぷたも瞬く間に終わり、盆を過ぎるともう秋の気配を感じ始めます。

そんな中、リャマの中の人は仕事に家事にバタバタしているうちに前回の更新から4ヶ月も経過していて驚きを隠せません。
活動していなかったわけではなく、リャマブリーディングクルーの皆さんの協力もあって水面下で楽しい色々をゆる~く進めていました。
今回は、大きく2つ紹介させてもらいます。

まずはBREAKTHROW。ブレークスロー。

Print

BREAKTHROW OFFICAL SITE

東北地方の練習会が一堂に会するイベントです。
ヨーヨー文化が根付いているとは贔屓目にも言えない東北地方で、東北地方在住スピナーのためのイベントが行われるなんて、本当にすごい!
主催者様や関係者各位の皆様の頑張りにただただ脱帽です。
詳しくは上にある公式サイトをご確認いただければと思いますが、ここでも簡単に紹介させてもらいます。

  • 各県の練習会による対抗戦(基礎的なトリックができれば参加できますよ)
  • フリースタイルコンテスト(BREAKTHROW独自の採点方法が採用されているそうです)
  • ヨーヨースタジオリャマブース(!!!)
  • 初心者用ブース(直接教わると上達が早いです)

練習会対抗戦が斬新で目を瞠るものがありますが、更にまさかのヨーヨースタジオリャマブース。
しかも主催様がイベントの目玉とまで言ってくださっています。
ドキドキが止まりません。ありがたいことです。
そのリャマブース、内容としてはこんな感じで考えています。

  • これまでリリースされた機種の展示(実際に振って遊べます)
  • プロト機種の展示(一部を除いて振って遊べます、というか一部はブレブレで振れません。)
  • 世界に一点だけ、津軽塗マキアート(の展示)
  • 新機種の発表、展示、注文受け付け

展示方法もまだ決められていないし、什器の準備もまったくな状況です。
これまでこういうイベントをしたことが無いので、右も左もわからずただただ焦るだけ。
どなたかアドバイスしてくれませんでしょうか……!
ちなみに、昼休憩の間だけの展示になるようです。

そして新機種についてヒントを少しだけ。
『あのネタヨーヨーが、新素材を採用して、あの機種のあの構造をベースに生まれ変わります!』

『自分が欲しいものだけ作る』が、これまでと変わらず第一のモチベーション。
試作は既に手元にありますが、これもいいものに仕上がりました!
会場でしっかりお披露目できるように頑張ります。

それでは皆さん、ブレークスロー会場でお会いしましょう!

↓新機種のヒントその2

blog_import_510cd9deedd6e