Category Archives: YoyoStudioLlama

BREAKTHROW!!!あと新機種も

28663160571_98641869cd_c

気づけば8月も半ば。
青森県のうち津軽地方に属する弘前市は、ねぷたも瞬く間に終わり、盆を過ぎるともう秋の気配を感じ始めます。

そんな中、リャマの中の人は仕事に家事にバタバタしているうちに前回の更新から4ヶ月も経過していて驚きを隠せません。
活動していなかったわけではなく、リャマブリーディングクルーの皆さんの協力もあって水面下で楽しい色々をゆる~く進めていました。
今回は、大きく2つ紹介させてもらいます。

まずはBREAKTHROW。ブレークスロー。

Print

BREAKTHROW OFFICAL SITE

東北地方の練習会が一堂に会するイベントです。
ヨーヨー文化が根付いているとは贔屓目にも言えない東北地方で、東北地方在住スピナーのためのイベントが行われるなんて、本当にすごい!
主催者様や関係者各位の皆様の頑張りにただただ脱帽です。
詳しくは上にある公式サイトをご確認いただければと思いますが、ここでも簡単に紹介させてもらいます。

  • 各県の練習会による対抗戦(基礎的なトリックができれば参加できますよ)
  • フリースタイルコンテスト(BREAKTHROW独自の採点方法が採用されているそうです)
  • ヨーヨースタジオリャマブース(!!!)
  • 初心者用ブース(直接教わると上達が早いです)

練習会対抗戦が斬新で目を瞠るものがありますが、更にまさかのヨーヨースタジオリャマブース。
しかも主催様がイベントの目玉とまで言ってくださっています。
ドキドキが止まりません。ありがたいことです。
そのリャマブース、内容としてはこんな感じで考えています。

  • これまでリリースされた機種の展示(実際に振って遊べます)
  • プロト機種の展示(一部を除いて振って遊べます、というか一部はブレブレで振れません。)
  • 世界に一点だけ、津軽塗マキアート(の展示)
  • 新機種の発表、展示、注文受け付け

展示方法もまだ決められていないし、什器の準備もまったくな状況です。
これまでこういうイベントをしたことが無いので、右も左もわからずただただ焦るだけ。
どなたかアドバイスしてくれませんでしょうか……!
ちなみに、昼休憩の間だけの展示になるようです。

そして新機種についてヒントを少しだけ。
『あのネタヨーヨーが、新素材を採用して、あの機種のあの構造をベースに生まれ変わります!』

『自分が欲しいものだけ作る』が、これまでと変わらず第一のモチベーション。
試作は既に手元にありますが、これもいいものに仕上がりました!
会場でしっかりお披露目できるように頑張ります。

それでは皆さん、ブレークスロー会場でお会いしましょう!

↓新機種のヒントその2

blog_import_510cd9deedd6e

ヨーヨースタジオリャマ5周年セール!

最近、諸事情によりあまり活動できていないヨーヨースタジオリャマですが。
機会があるごとに言っていますが、リャマとして活動させてもらうきっかけになったのは、『自分で作れば買わずに済むし愛着は湧くし最高だな』という理由でした。
そう思い立った時期を活動開始と捉えると、リャマは5周年を迎えるに至りました。

そこで!
これまでの感謝と、これからもよろしくお願いしますの気持ちを込めて、ヨーヨースタジオリャマストアにてセールを開催します!
キーワードは、5周年の『5』!

その1
日を追うごとに5%オフ!
1日目は5%オフ、2日目はさらに5%減算して10%オフ、3日目は15%、4日目20%・・・
在庫がある限り、どんどん安くなっていきます。

その2
最大50%オフ!
キーワードが5なので、頑張ります。

その3
対象製品は以下5種類!
・ヘッジホッグアキュート
・W-90
・トリックモーション[朽葉]
・トリックモーション[ずん子]
・DTi

リリースして間もないフルチタンモデルのDTiも対象です。
価格が価格なので5%とはいえ大きいです。
いずれも残り1個か2個となっております。
この機会にぜひ!

お求めはこちらから↓
ヨーヨースタジオリャマストア

22026411862_3531ff42c6_z

加工担当が魅せる、再びのハリネズミ

応援して下さっている皆さまのおかげで、気づけばヨーヨースタジオリャマも活動開始からもうすぐ5年。
そしてヨーヨースタジオリャマの揺籃期と勝手に思っている2012年。
2012年にリリースさせてもらった機種といえば『ヘッジホッグ』。
そのヘッジホッグを調整した『ヘッジホッグカスタム』。
2016年の今もなおヘッジホッグシリーズの再生産を希望するお声をいただく状況に、喜びを感じずにはいられません。

2016_0305_12334100

そして、『ヘッジホッグ/ヘッジホッグカスタム』をようやく再生産しました。
なお、仕様は以前のものと異なります。
昨今のヨーヨーシーンを鑑みて、幅を広げ、ヘッジホッグカスタム比で約3gの軽量化。
言うなれば、新生ヘッジホッグ。

直径:49.5mm
幅:40mm
重量:62.5g
ベアリング:Dサイズ
レスポンス:フラグメント/ジョーカースモール

今回も、加工担当のハンドメイド。
超々ジュラルミンの丸棒から材料取りするところから削りだしまで、全ての工程を普通旋盤を用いています。

左右の重量差に0.01g単位で注意を払うなど、職人気質たっぷりで生み出された新生ヘッジホッグ。
そして、Dサイズかつ軽量アンダー機種という稀少なモデルに進化しています。
この機会にぜひお手にとってみてください。

販売開始につきましては、twiiterにてご確認をお願いします。

もしもしりゃまよりゃまさんよ

よく、ポッドキャストで色んなラジオ番組を聴いています。
その中でも、特に愛聴させてもらっているのが『青春あるでひど』。
青春あるでひどは科学系ラジオ番組。
この世のすべては科学で成り立っているという観点で、様々な事象やリスナーの疑問を楽しく面白く、そしてわかりやすく解説しています。
知識欲を満たしたいという方にうってつけ。
無料で聴けますので、興味のある方はぜひご一聴ください。

メインパーソナリティーのうちのお一方であり、またヨーヨーもされている『アニワギはかせ』。
正真正銘の博士。博士号をお持ちの科学者。
そのアニワギはかせが製作された『ビルドケット』というけん玉があります。

22729073565_075a5b1974_z

ウッドパネルをレーザーカットし、ボルトやナットを用いて組み立てられています。
詳しくはビルドケット公式ブログをご参照ください。

そのビルドケットを原案とし、ヨーヨースタジオリャマがアニワギはかせの協力の下、カスタマイズしたモデルを設計製作しました!
青春あるでひどとヨーヨースタジオリャマが異色のコラボ。
ヨーヨースタジオリャマがけん玉をリリース。

KenーLlama

00000001

たま
直径:65mm
使用部品:
M4×55mmステンレストラス小ねじ…4本
M4ステンレスばねワッシャ…4個
M4ステンレスナット…4個

けん
全長:185mm
使用部品:
M4×22mmステンレスなべ小ねじ…3本
M4×20mmステンレスなべ小ねじ…4本(重量調整用)
M4ステンレスばねワッシャ…3個
M4ステンレスナット…7個(うち4個重量調整用)
内径4×外径8×厚さ6 POMスペーサ…3個
Φ11mm 鋼球…6個(うち2個重量調整用)

板材として使用しているMDFとは、『木材チップを蒸煮・解繊したものに接着剤となる合成樹脂を加え板状に熱圧成型したもの(wikipediaから引用)』です。
要は木を粉々にして接着剤を混ぜてギューッと押し固めたもの。
あと他の部品としてボルトとナットと鋼球などなど。

IMG_7448

『たま』と『けん』に分けてそれぞれ特徴を説明します。

まずは『たま』。
00000002
00000003
00000004
通常の玉に形状も使用感もできる限り近づけるべく設計を進めました。
板と板との組み合わせではどうしても軽くなりがち。
そこで長めのステンレスボルトを4本通すことで、重量を稼ぎつつ剛性も確保しています。
使ってもらうと違和感の無さにきっと気づいてもらえるはず。

次は『けん』。
00000005
最も特徴的なのは鋼球。
6穴開いているのに対して初期状態では4個収めています。
また、皿胴にも余分にボルト穴を設けています。
鋼球もボルトナットも余分に付属します。
個数や位置を変えてお好みの重心を見つけ出してみてください。

なお、組み立て方は別途こちらの記事をご参照ください。

形状仕様からくる苦手な技が、ケンリャマにはいくつかあります。
でも、逆に簡単にできる技もあります。
簡単にできる技は、初期の技に多い印象。
なので、けん玉に触ってみたい、これからけん玉を始めたいという方に強くオススメできるけん玉です。
そして、けん玉経験者の方は通常のけん玉ではできない乗せ方をしてみたり、あえて苦手な技に挑戦するもヨシ。

部品を板から取り外し、部品同士を組み合わせ、組み立てる楽しみ。
そして自らの手で完成させたけん玉で遊べる楽しみ。
さらに、モッズ欲にも応えてくれるはず。
初心者でも経験者でも楽しめる、そんなけん玉に仕上がっています。
ぜひお手に取って、各々の楽しみを見つけてください。
ヨーヨースタジオリャマストアにてお買い求めいただけます。

最後に注意してもらいたい点だけ。
木板の組み合わせでできている関係上、想定以上の衝撃を加えると破損する恐れがあります。
宇宙遊泳やジャグリングなど、いわゆる空中技は推奨していません。

ケンリャマ組立手順

●セット内容(組立前にご確認ください。)

IMG_7448

・板(大)…1枚      ・板(中)…1枚
・板(小)…1枚
・M4×22mmステンレスなべ小ボルト…3本
・M4×20mmステンレスなべ小ボルト…4本
・M4×55mmステンレストラス小ボルト…4本
・M4ステンレスばねワッシャ…7枚
・M4ステンレスナット…11個
・POMスペーサ(内径4×外径8×高さ6)…3個
・ビーズ…3個(うち予備1個)
・Φ11mm鋼球…6個 ・ヒモ…1本

プラスドライバーと瞬間接着剤をご用意ください。

●組立手順

まずは板から部品を全て取り外します。
IMG_7449

力任せに外そうとすると思わぬ破損に繋がります。
部品を持ってゆするようにして外しましょう。

使う板部品はこれで全部です。
IMG_7450

初めに「けん」を組み立てます。
一番大きいパーツである「けん」の中心にある一番小さい穴にヒモを通します。
IMG_7451

もう一つの「けん」にも同じようにヒモを通します。
IMG_7452

そして「けん」外側から出たヒモの片方にビーズを通し、ビーズが抜けない程度の結び目を作ります。
ビーズがストッパーとなりヒモが抜けなくなったのを確認してください。
IMG_7453

前工程で作成した「けん」を開きます。その際にヒモが抜けないようご注意ください。
展開した「けん」片方の内側のT字の上、細長い溝に剣先のパーツを置きます。
t字の右に大皿リング、左に小皿リング、下に中皿リングを各支持パーツを置きます。
中心の大きい穴4つに鋼球を置きます。

ここで注意。
皿リングは写真中一番右だけ少し内径が小さいです。
これを中皿(けん玉を置いた時に床と接する箇所)にしましょう。
けんのバランスが良くなります。
IMG_7454

上の各パーツを置いた「けん」パーツの反対側から22mmボルト3か所に挿し、
そこへPOMスペーサをはめ、ボルトが抜けないように抑えながら次の手順に進みます。
手の様子からもわかる通り、ちょっとやりづらいです。
IMG_7456

もう片方の展開した「けん」パーツをゆっくりはめ込みます。
はめ合いを確かめながらゆっくり作業しましょう。
はめた後でヒモが変な所に通っているというのもありがちです。

はめ込んだ「けん」からはみ出たボルトにナットだけ取り付け、仮固定します。

一か所ずつナットを外し、ばねワッシャとナットを入れ、ドライバを回して固定します。
これで「けん」の完成です。

IMG_7457

IMG_7458

次は「たま」。

「たま」の丸板パーツのうち、十字の切込みと4つ穴の空いたパーツの『十字部分』にヒモを通します。
IMG_7459

次に外側四方に切込みと4つ穴、中心に細い穴の空いたパーツを用意し「けん」から繋がったヒモを
その中心の細い穴へ通します。
IMG_7461

ヒモを「けん」と同じようにビーズをと結び目で固定します。
IMG_7462

縦板にあたる櫛形のパーツ4枚のうちの1枚に、丸板パーツをはめていきます。

丸板パーツのうちの一番大きいもの1枚と、次に大きいもの2枚をはめます。
重ねてみると大きさの確認がしやすいです。
一番左の丸板パーツだけ少し大きいです。
IMG_7463

櫛形パーツの一番膨らんだ部分の切込みに一番大きい丸板パーツを。
IMG_7464

その上下二番目に大きい丸板パーツをはめます。
IMG_7465

残った切込みにヒモを通した丸板パーツを、先にはめた丸板側にビーズが向くようにはめます。
IMG_7466

残りの櫛形パーツ3枚を組みましょう。
はめ合いはキツめです。
合わせ目を確認しながら、ゆっくり、板材が干渉してめくれたりしないよう慎重に作業して下さい。
IMG_7467

だんだん玉の形になってきました!
IMG_7468

「たま」組立手順の最初にヒモに通しておいた十字の切込みのあるパーツを、ヒモが出ているパーツに接する形で組みつけます。
ここもキツめに設計してあります。
かまぼこパーツを中心に向けてしっかり押し込み、十字切込みパーツを水平にハメましょう。
ヒモ側、「たま」の頂点の方はこれで完成です。
IMG_7469

穴側に残り2枚の丸板パーツを組みつけます。
大きいパーツから順に、これも慎重に。
IMG_7470

IMG_7472
IMG_7473

トラス小ボルトを4個、穴側から通して頂点側にばねワッシャとナットを取り付けます。
IMG_7474
IMG_7475

仕上げに、剣先保護のために瞬間接着剤を着けます。
瞬間接着剤を着けてしまうと完全分解はできなくなるのでご注意ください。
「たま」のヒモが出てきている部分の四角穴もヒモが擦れて減る傾向にあります。
ここにも瞬間接着剤を着けるのをオススメします。
なるべく瞬間接着剤がヒモに着かないように注意して作業してください。
IMG_7476

これでケンリャマの完成です!
お疲れさまでした!