Category Archives: YoyoStudioLlama

ヨーヨー作ってみませんか?想像を創造する楽しさ教えます!

頭の中で考えている設計を、PC上とはいえ立体にできるのは楽しいものです。
紙とペンで書いてみても、整合性が保たれているか確証を持てないので、ピンとこなかったりします。
これから説明する手順に沿って進むだけで、こんなオリジナルのヨーヨーを作れちゃいます!

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-12-08-09-51-33


ぜひ、試してみてください。
では、さっそく説明を始めます。
長いですので、大項目ごとに休憩しながら進むようにしましょう。


まずはCADソフトを用意します。
これが無ければ始まりません。
ここでは、PTCのCreo Elements/Direct Modeling Express 6.0を用います。
利用するためにアカウントの作成が必要になりますが、無料ですし、重量まで簡単に求められるのはメリットが大きいです。

起動すると、まずこの画面が出てきます。

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-12-08-08-03-53


3D-CADソフトの基本は、『シートの上に線を引き、その線を引っ張ったり回したりすることで平面から立体を作る』です。
ヨーヨーは軸が一つですから、3Dモデルを作るのはさして難しいものではないです。
では、まずはヨーヨーの断面図を描いていきましょう。


中央にある『/W1』の表記のある四角形。
これが『シート』です。
このシートの上に線を引いていきます。
右上の『カレントWP』をクリックします。

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-12-08-08-04-56

シートが正面を向きましたね。

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-12-08-08-05-20

次に、Modelingタブの『直線/円弧』をクリック。
そしてポインタをシート上の真ん中あたりに持っていき、クリック。
ポインタを動かしてみると……

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-12-08-08-18-20

直線が引けるようになりました。
まずは、適当に線を引いてみましょう。
クリックした原点から、ポインタを右に移動させます。
小ウインドウに『角度0°』と表示され、ラインがオレンジ色になっていますね。
これで平行線が引けます。
長さは適当で良いですので、クリック。

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-12-08-10-17-37

これで線が描けました。
この線を連続して描いていくことになるのですが、その前に線の消し方を先にお教えします。
まだ、線の描画コマンドが動いていますので、左下の×をクリック。
これでコマンドを中止できます。

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-12-08-10-19-50

そして、消したい線にポインタを重ね、線の色が変わったら変わったらクリックし、Deleteキーを押します。
これで、線の消去ができます。

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-12-08-10-20-00


さて、ヨーヨーの中心線を引くところから始めていきましょう。
先ほど消した線と同様に、右に向かって直線を引きます。
これも、長さは適当で良いです。

続けて、アクセルの入るネジ穴を描きます。
M4で10mm前後のイモネジが主流ですが、今回は12mmネジに合うようにします。
ちなみに、ネジ山は省略します。
重量の誤差もあまりありませんし、工場に出す図面にも書かないものなので描く必要はありません。
M4の半分、2mmを垂直線で描きます。
先ほどの中心線から上にポインタを移動し、キーボードで『2』と打ち込んでエンターキーを押します。

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-12-08-10-24-13

同じ要領で、軸まわりの線引きを繰り返します。
ドンドンいきますね。
作業しているうちに理解が進むものと思います。

  1. 右に4mm
  2. 上に0.5mm
  3. 左に2mm
  4. 上に1mm
  5. 左に0.5mm
  6. 上に1.6mm
  7. 右に0.7mm
  8. 上に1.4mm
  9. 左に1mm
  10. 上に2.5mm
  11. 右に1mm
  12. 上に2mm

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-12-08-08-44-20

軸まわりと、仮のエッジまで出来ました。
この線分の集まりでピンときた方は、CADのセンスがあるかも?


次にウォールを描いていきます。
最後の2mm線の端を指定した状態で、スペースキーを押します。

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-12-08-08-44-50

すると、小ウインドウが出てきますね。
その中の、『角度設定』をクリックし、『125』と入力します。

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-12-08-08-44-37

これで、指定した角度で直線が引けるようになります。
今回は15.19mmの角度線を引きたいので、『15.19』と入力しましょう。

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-12-08-10-33-40

角度線が引けました。


『Modeling』タブの『円弧』をクリックし、角度線の端をクリック。
Spaceキーを押して小ウインドウを開き、先ほどと同様に『角度設定』をクリック。
『158.15』と入力。
角度が固定されますので、『11.25』と入力。
これで、円弧の角度と長さを指定できました。
最後に、円の半径『20』を入力。
この時に、描かれる円の向きをポインタ位置によって指定するようにしましょう。

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-12-08-09-07-10

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-12-08-09-07-13

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-12-08-10-33-49


先ほど描いた曲線からまた直線の連続になります。

  1. 左に3mm
  2. 下に7mm
  3. 右に13mm

ウォールの角度線と平行な線を引きます。
画像と同じく平行である記号が表示されたら、『12.5』と入力しましょう。

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-12-08-09-09-36

最後に真下に向かって直線を引きます。

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-12-08-09-11-22

これで線の描画は完了です!

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-12-08-09-13-19


さて、いよいよここからがメイン。
ここまでで描いた線から立体を作ります。

メインウインドウ中央にある『プル』メニューの中の『プル回転』をクリック。

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-12-08-09-13-19

立体にする事が可能な線の集合体は、画像にあるように茶色で塗りつぶされます。
もし、塗りつぶされなかった場合、どこかの線と線が繋がっていないはずです。
拡大して確認してみましょう。

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-12-08-09-14-17

回転させる際の軸を指定します。
最初に引いた中心線にポインタを合わせ、画像のように回転軸のアイコンが表示されたらクリックしましょう。

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-12-08-09-15-30

『プル』ウインドウの『角度』に、『360』と入力し、Enter。

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-12-08-09-18-29

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-12-08-09-19-09

ヨーヨーの形が現れましたね!
ここが最もテンション上がる作業だと思います。
マウスホイールを押したままマウスを動かしてみましょう。
3Dモデルをぐりぐり動かして確認できます。

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-12-08-09-20-09

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-12-08-09-19-52

次の工程に進む前に、『プル』ウインドウの左上にあるチェックアイコンをクリック。
これでプル回転の作業を確定し、3Dモデルを編集できるようになります。


各所のR面取りをつけます。
『ブレンド』をクリックし、表示されたウインドウ内の『半径』に『2』と入力しEnter。

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-12-08-09-24-54

画像の箇所にポインタを合わせてクリックすると……

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-12-08-09-25-56

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-12-08-09-26-11

R2の面取りをつけることができました。
同様に、その内側もR2面取りしてしまいましょう。
作業完了後は、チェックアイコンをクリックするのを忘れないように。

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-12-08-09-27-26

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-12-08-09-27-35


最後に、重量を調べます。
『解析』タブをクリックし、『パーツ』→『体積』と進みます。

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-12-08-09-29-33

ウインドウに『14667.37171』と表示されました。
これに、アルミの比重である『2.7』を掛けます。

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-12-08-09-29-42

14667.37171 × 2.7 = 39601.904

体積の単位が『mm^3』なので、係数100を掛けてグラムに換算しましょう。

39601.904 × 100 = 約40(g)

ヨーヨー本体左右併せて80グラム。
ベアリングとアクセルとレスポンスで大体3グラム無いくらいなので、今回製図したヨーヨーは約83グラムのようです。
ずいぶん重くて(ミョルニルの使い手以外には)使いづらそうなので、皆さんの手で調整してみてください。
ちなみにベアリングはDサイズ、レスポンスはジョーカースモール/フラグメントサイズです。


最低限の強度・回転力・ブレない形状・振りやすさ・加工のしやすさ(価格)、このバランスをいかに両立させるかが設計者の腕の見せ所です。
ぜひ、設計製図の面でも各メーカーの技術の高さを認識していただければ本望です。

最後に、良さげな設計ができたらぜひ、Twitterやメールで連絡してください!
ご依頼すべてとはいきませんが、時間があればアドバイスさせてもらいます。

超FAYの量産化決定!受注開始します

BREAKTHROW会場にてプレイアブル展示し、大変ご好評いただきました超FAY。

fay01

ヨーヨーリクリエーションの『FAY』にステンレスリングを搭載し金リム化。
ヨーヨーリクリエーションとヨーヨースタジオリャマの勝手コラボ。
詳細は以前にアップした紹介記事をご覧ください。

その超FAYの受注を開始します。
目標は10月15日までに20個のご注文をいただくことです。
数量が満たない場合、生産しません(できません)。

金額は9,800円。
ベースとなるFAYのお代金と、送料は別途頂戴いたします。
クリア、レッド、ブルーの3色からお選びください。
また、既にお手持ちのFAYを超FAYに追加工することも可能です。
ただし、使用されているものである場合、ブレが発生するリスクが増します。
ご了承いただいた上でご選択ください。

ご注文はメールでお受けします。
yoyostudiollama@gmail.comまで、下記項目を埋めてメールしてください。

【件名】
超FAY購入希望

【本文】
ご氏名:
ご住所(発送先):
電話番号:
メール:
注文個数:
お手持ちのヨーヨーを追加工:する・しない
カラー:クリア、レッド、ブルーからお選びください
お支払い方法:銀行振込もしくは郵便振替からお選びください

ご購入希望のメールをいただいた際と10月15日以降に、こちらからご連絡差し上げます。
いつもお世話になっている、確かな技術を持つ加工工場に依頼し、ステンレスリムも無垢の丸棒からしっかり削り出します。
この機会をお見逃しなく、よろしくお願いいたします!

26045836676_af651ea24f_z

くまめFAYをお持ちの方は、送っていただければくまめ超FAYをお作りします!
くまめFAYはこちらから購入できます。
ご検討ください!

事前注文限定の黒ハートランド

時事になりますが、去る2016年8月21日にBREAKTHROWが開催されました。
フリースタイルコンテストと練習会対抗戦に大変楽しませてもらいました。
そして、会場の一角にヨーヨースタジオリャマのブースを設けていただき、これまでにリリースしたヨーヨーのプレイアブル展示が実現。
2011年に初めて作った、リャマの名前を冠する以前に作ったものから全てが一堂に会するのは、史上初めてでした。

さて本題です。
BREAKTHROW開催前に、リャマブースにてハートランド(2016)の注文先行受け付けをすると告知したのですが。
いざ始まってみるとフリースタイルと練習会対抗戦のジャッジに終始してしまい、予想以上にリャマブースに居る時間が少なくなってしまいました。
きちんと対応できず、誠に申し訳ありませんでした。
ですので、ここできちんと受け付けしたいと思います。

まず、ハートランド(2016)については、先日アップした記事をご参照ください。

価格は14,800円(税込)
国内生産、小ロット生産かつ軸素材がアルミーゴHardであるため、この価格になってしまいます。
その分、確かな品質のものをお届けできるよう努めます。
注文締め切りは8月末まで。
お届けは9月中の目標です。

事前注文ということで、ウェブストアでなくメールで受け付けいたします。
yoyostudiollama@gmail.comまで、下記項目を埋めてメールを送信してください。
そして、メールでの事前注文限定で、黒デルリン(POM)のボディをご選択いただけます。
よろしくご検討ください。

【件名】
ハートランド注文

【本文】
ご氏名:
ご住所(発送先):
電話番号:
メール:
注文個数:
カラー:(例:白1個、黒1個)
お支払い方法:銀行振込もしくは郵便振替からお選びください

折り返し、お支払いについてご連絡差し上げます。
その際に、別途送料520円を頂戴する旨もお知らせさせていただきます。

新素材を使用して生まれ変わったハートランド。
そのまま振ってよし、ボトルキャップをはめてカスタマイズを楽しむもよし。
特に限定の黒ボディを含め、この機会をお見逃しなく!

DSCF1860

またボトルキャップを集める日々が始まります

4年ぶりに進化して返ってきました!

ハートランド(2016)

DSCF4819

DSCF4820

直径:55mm
幅:44.6mm
重量:63g
ボディ:POM(デルリン)
アクセルセット:アルミーゴHard
ベアリング:Dサイズ
レスポンス:JKRスモール/フラグメントサイズ

基本的な形状は初代と同じ。軸構造が新しくなって性能アップしました。
金リム機種であるオタンクレール/オタンノワールの軸『アクセルセット』。

15142237788_40db74778f_z

そして、フルチタンヨーヨーDTi の最大の特徴である、左右のボディに雄ネジと雌ネジを持たせた『こリャマまぁすごいアクセルシステム』。

22038769465_3f407e2bb8_z
21851872039_62cb1b674a_z
DTi-017-断面図

そのふたつを組み合わせたのが、このハートランドに搭載した『こリャマたすごいアクセルセット』です。

axleset

基本的な構造はアクセルセットとし、DTiと同様に雄ネジと雌ネジの左右非対称に。
ネジ締めのストロークはやや長く組み立て時間は延びますが、ネジ山のかかりを増やして締め込み応力を分散。
さらに、左右のアクセルセットの端面同士をしっかり当てることで一体化し、必要以上の剛性を保持するに至りました。

DSCF1849

そして素材はアルミーゴHard。
超々ジュラルミンと同等の比重でありながら、強度はステンレスに匹敵するアルミ合金です。
アルミ系の素材は粘りがあるせいでかじりやすくネジ用途には不向きと言われていますが、こリャマたすごいアクセルセットはまるでステンレスで作られているかのようにストレスなく扱えます。
初代よりも中心が軽量化されたため、全体の重量も軽くなったにも関わらず回転力は向上しています。

それから、ハートランドといえばボトルキャップ。
飲料メーカーごとにボトルキャップの形状が若干異なるため、一部はそのままでは取り付けられません(なるべく多くのキャップが合う寸法には設計してあります)。
また、ボトルキャップは高回転に耐えうる精度や強度がありません。
取り付けた際はブレが生じやすいです。
ブレにくいキャップを探すか、ブレない位置を探すなど、使う方に工夫していただく必要があります。

8446813195_517b22a3df_z

初回ロットは受注生産になります。
次期ロットの予定はありません。通常販売は初回ロットの余剰分が発生した場合に留まるものと思われます。
まずは、breakthrow会場にてご注文いただく機会を設けさせていただきます。
プレイアブル出展しますので、まずは振りに来てください!

DSCF1860

リクリさんとコラボレーションしました(勝手に)

ヨーヨーリクリエーションのFAY。
組み立てで締めすぎることがないよう、必要以上の負荷がかかるとボディと軸とが空転します。
初心者に優しく、経験者にも易しいその軸構造に惚れ込んだヨーヨースタジオリャマが、FAYをモッズしてこんなものを作ってみました。

超FAY

fay01

fay02

直径:60mm
幅 44mm
重量:68g

直径はノーマル比で2mmの小径化。
幅は4mm拡大。
そして、ステンレスリムを搭載して金リムにして増量してしまった分は、キャップの内側を削り込んで調整。
そうそう、キャップがコインで外せる機構も本当に素晴らしいですよね。

この超FAY、問題がひとつだけあります。
それは、モッズするコストがトライアドを買ってお釣りがくるくらいになってしまう点。
でも好きなヨーヨーだからいいんです。
好きすぎて、キャップデザインまで作りました。

単色刷り

このデザインがいつの日か実際にプリントされる日がきたらいいなと夢見ながら振る超FAYが、また素晴らしいんです。
楽しいですよ、超FAY。

ちなみに、8/21に開催されるBREAKTHROWにてプレイアブル出展します!
ぜひ振りに来てくださいね~。