重要無形文化財

2015年にリリースしたオタンノワール。

軸パーツに津軽塗の一種である紋紗塗を施した、今でもオーナー自らニヤニヤしている逸品。

そしてそれから2年後の今年、7月末に、なんと津軽塗が青森県で初の重要無形文化財に指定されました。
やったぜ!



伝統工芸とヨーヨーのコラボレーション。
こりゃもうオタンクレールでも津軽塗のが欲しいよね、と。
トントン拍子に決まった発注から1年とちょっと。
2017年も暮れが迫り、ようやく完成したオタンクレールリジィ津軽塗ver.がこちら。

ノワールと同様に軸パーツに津軽塗。
くすんだグレーブルーを基調に、オフホワイトよりベージュの方が近い色合いの差し色。
渋くてもう大満足なんですが、これだけじゃありません。

ヨーヨーに乗っかっているのが、いつもお世話になっている津軽塗工房『桜』の今さんが普段使っているストラップ。
なんと、太陽光などの紫外線により、徐々に明るくなる!
ただでさえカッコいいのに、更に育てる喜びも享受できる……。
もう最高度合いが最高すぎて最高です。

それと、数量はごくわずかですがリジィロゴver.も同時リリースです。

(´・∀・`)ヘー

こっちも本当にカッコイイです!
津軽塗リジィ・ロゴver.は、どちらも12月13日の午後21時の販売開始を予定しています。
ヨーヨースタジオリャマオフィシャルストア

リャマは売れ線だからという理由では作りません。
自分が欲しいからだったり、シグネチャーの熱意やアイディアに魅せられたからだったり。
趣味の延長というスタンスを崩さず、楽しく活動させてもらいました。

そんなわがままなブランドを、これまで育てて盛り上げて応援してきてくれたファンの皆さんには、ただただ感謝しかありません。
必要充分な性能を携えつつも、日本・青森・津軽の良さを落とし込む方向での、リャマからの提案はこれで一つのゴールかと考えています。
というわけで、津軽塗リジィをよろしくお願いいたします。