Author Archives: ysl_master

振りやすいヨーヨーってなんだろう?

「振りやすいストリングヨーヨーの条件は?」

そう聞かれたら、皆さんはどう答えますか?
おそらく、55前後の直径に42mmあたりの幅、重量は65g付近。
そしてベアリングはCサイズ。
こう回答される方が多いのではないでしょうか。

時は遡って2008年あたりに確立された(と個人的には思っている)フルサイズと呼ばれるこの黄金比は、瞬く間にデファクトスタンダードに。
2010年以降、市場には振りやすいヨーヨーが溢れ、バイメタルでその勢いは更に加速。
過渡期の特徴よろしく、上の仕様から大きく逸脱したものは徐々に陰を潜め、新規製品として見かける機会は極々稀に。

見かけなくなった特徴の一つとしてアンダーサイズがあります。
直径で52mmより小さい大きさ。
ストリングや指の間を通しやすいと、以前は一定のシェアを得ていました。
しかし今ではそれらのメリットよりも、回転力が低下するデメリットが重要視されるように。
他メーカーからリリースされなくなってしまいました。

でも、最近になってアンダーが少しずつ市民権を得だした雰囲気を感じています。
一極化が生んだ揺り戻しの波でしょう。

2013年。
この時には既に、アンダーサイズは過去の規格になっていたはず。
そんな中、リャマからリリースした『イェーガー』。
アンダーサイズのバイメタル、そしてベアリングはDサイズ。
リムの入れ方も特殊。
どこのメーカーも作ってくれず、これからも作ってくれなそうな、そしてリャマだけが作れちゃうから作ってしまう仕様。

前置きが長くなりましたが、そんなイェーガーの第3世代が満を持して登場です!

イェーガーさん!


直径:49mm
幅:39mm
重量:62.5g
ベアリング:Dサイズ
レスポンス:スモール

アンダーサイズではそうそうない軽快なフィーリングと、それに相反する力強い回転力。
真鍮リムと、Dサイズの恩恵の賜物。
過去の図面をただ単に引っ張り出してきただけではなく、今の使われ方やストリングに合わせてきちんと調整も行いました。

初代イェーガーでも話題にしてもらいましたが、イェーガーといえば何と言ってもこのリム。
ボディの『溝』に真鍮を埋め込んでいる、アンダーサイズだからこそ活きる構造。
リャマの加工担当が誇る謎技術により実現。
僕自身も、設計はしておきながらどう装着されているか教えてもらっていません。
謎というか、神秘。
岩木山神社でお百度参りとか恐山でご祈祷とか、そういう類いなんだと思います。

そして、ガンメタルリムver.も生産(画像左、右は真鍮)。
大砲の銃身に用いられていたからガンメタル。
日本では『砲金』と呼称。
真鍮と比べると銅の色合いが強く、少し赤みがかって見え、表面には真鍮にない独特な模様が。
あと、真鍮よりほんのちょっとだけ比重が大きいから重く仕上がっています。
イェーガーさん!では1個だけ生産してみました。

何を以てして振りやすいと言われるのか。
振りやすいの定義は、ユーザー個々人やヨーヨーごとに違うはず。
提示された情報を杓子定規に受け取るだけではなく、新たな価値観を模索してみるのもまた一興ではないでしょうか。

イェーガーさん!は、19日20時から、ヨーヨースタジオリャマオフィシャルオンラインストアにて発売開始です。

ひき肉は粗挽きが美味しいよね

一月住ぬる二月逃げる三月去る

・・・と、昔の人は良よく言ったもので、気づけば三月も後半戦。
あっという間に、チタンダー!納品の期限とした3/19が間近。

ご注文いただいた皆さま、本当にお待たせいたしましたが、ようやくチタンダー!完成しました。
今は、19日までにはお手元に届けられるように準備を進めている次第です。

そして、完成を待っている間にこんなものを作ってみました。

超硬合金チタンダー!専用ケース

外径:ぴったり
高さ:程よい
重さ:しっくり

今回も、いつもの『需要とか関係ない。自分が欲しいから作るのだ!』パターンです。
だって、チタンダー!のカッコいいロゴを作っていただいたんですもの。
そのロゴに適う製品を作らなければ、ロゴ製作者のグラサンおじさんさんに面目が立ちません。

おかげさまで、ロゴにもチタンダー!本体にも負けない、重厚かつお馬鹿なアイテムになりました。
どこのリャマの骨とも知れないメーカーで、高価なチタンダー!をご購入くださった方へ、感謝の意を込めてプレゼントします!
リャマご満悦。

使い方は言わずもがな。
チタンダー!にピッタリ合わせたので、ケースに入れて保管するもよし。普段の持ち運びに使うもよし。
A5056アルミ合金から削り出して、マットブラックでアルマイトしているため、耐キズ性能も高いかと思います。
安心してチタンダー!をどこにでも持ち運んでいただけます。

あとは、チタンダー!を入れるだけが使い道ではありません。
ユーザの皆さまの思うがままに自由に使っていただければと思います。


例えばヨーヨーパーツ入れ。
レスポンスやベアリングの保管にどうぞ。


ヨーヨーと無関係でももちろんOK!
例えば小銭、あとデスクトップに置いて小物を入れたりしてもいいかも。
アクセサリをまとめてもいいし、耐火性能も抜群なので小さい耐火金庫にも!?
500℃くらいまでなら余裕で形状保持します。

あと、アルミケースといえば忘れてはいけないのは、そう!
ジャージャー麵ですよね。
さぁ作っていきますしょ~。

まず食材を準備。

みじん切りの玉ねぎ、ひき肉の順に炒めたところで豆板醬を絡めます。

そしこちらもみじん切りの椎茸を入れて軽く火が通ったら、醤油・酒・甜麵醬・味噌・砂糖など各種調味料と水を投入して、ひと煮立ち。

その間に麺を茹でます。

ある程度水分が飛んだひき肉に水溶き片栗粉でとろみをつけて、肉みその完成!

麵を湯切りしてお皿に盛り付けて、上に肉みそと薬味を載せたら、盛岡名物ジャージャー麵!

安定のウマさ!ごちそうさまでした。
さて、余った肉みそは保存容器に移しましょう。
常備菜のストックが多いと心に安寧が生まれます。

熱伝導率の高いアルミ製だから、粗熱取りもあっという間だね☆




今後ともヨーヨースタジオリャマを何卒よろしくお願いいたします。

真剣な中にも遊び心を

日本の古き良き技術とのコラボを果たした津軽塗オタンシリーズ。
もう一つのリャマの意義である、設計技術・加工技術の新規性については、これが終着点と言えるかもしれません。

超硬合金チタンダー!

直径:51mm
幅:42mm
重量:63.8g
ボディ:Ti64合金
リム:SUS303
ベアリング:Cサイズ
レスポンス:リングサイズ
アクセル:こリャマぁすごいアクセルシステム

64チタンのボディにステンレスリムを搭載。
回転性能のみを追求すればステンレスを外径に持ってくるべきですが、ぶつけた際にキズが生じますね。
かといって、よくある内径側のステンレスリムでは重心が内側に入りすて性能が損なわれます。
そこで、チタンダーでは独自のリムの搭載方法を採用。
ステンレスリムをギリギリまで外側に寄せて。
でも万が一ぶつけてもヒットする箇所はチタンになるよう設計。
この構造、思いついても実現できる工場は他にないと思います。
方法はちょっと言えないです。
公表したところでどこもやれないと思いますが。

軸構造については、DTiのこリャマぁすごいアクセルシステムを踏襲。
左右で別図面。アクセルと本体を一体成型。
DTiの中心穴がφ2.5mmだったのに対し、チタンダーは0.5mm拡大してφ3mm。
中心が更に軽くなり、回転力アップ!
薄くても強度のあるチタン製ヨーヨーなんだから、右ならえで別部品でアクセルを使わなきゃいけないなんてもったいない。

『超硬合金チタンダー!』は、完全受注生産となっております。
価格は\118,000-。
もし興味があるという奇特な方がおりましたら、yoyostudiollama@gmail.comまでご一報ください。
ご注文は12/26まで受け付けます。
納期は、3ヶ月とさせていただきます。

ウォールの肌がやや荒れ気味ですが、仕様です。
極限まで薄く加工しているため、切削時の微振動が影響した結果です。

1個作るのに自動加工機を6日間占有し、軸まわりは職人が手加工せざるを得ないために、工場からもうやりたくないと太鼓判を推してもらった(?)、この『超硬合金チタンダー!』。
そしてリャマの設計と工場の努力を糧に得た、異常な回転力。
僕は1個だけ、何とか資金を集めて発注します。

重要無形文化財

2015年にリリースしたオタンノワール。

軸パーツに津軽塗の一種である紋紗塗を施した、今でもオーナー自らニヤニヤしている逸品。

そしてそれから2年後の今年、7月末に、なんと津軽塗が青森県で初の重要無形文化財に指定されました。
やったぜ!



伝統工芸とヨーヨーのコラボレーション。
こりゃもうオタンクレールでも津軽塗のが欲しいよね、と。
トントン拍子に決まった発注から1年とちょっと。
2017年も暮れが迫り、ようやく完成したオタンクレールリジィ津軽塗ver.がこちら。

ノワールと同様に軸パーツに津軽塗。
くすんだグレーブルーを基調に、オフホワイトよりベージュの方が近い色合いの差し色。
渋くてもう大満足なんですが、これだけじゃありません。

ヨーヨーに乗っかっているのが、いつもお世話になっている津軽塗工房『桜』の今さんが普段使っているストラップ。
なんと、太陽光などの紫外線により、徐々に明るくなる!
ただでさえカッコいいのに、更に育てる喜びも享受できる……。
もう最高度合いが最高すぎて最高です。

それと、数量はごくわずかですがリジィロゴver.も同時リリースです。

(´・∀・`)ヘー

こっちも本当にカッコイイです!
津軽塗リジィ・ロゴver.は、どちらも12月13日の午後21時の販売開始を予定しています。
ヨーヨースタジオリャマオフィシャルストア

リャマは売れ線だからという理由では作りません。
自分が欲しいからだったり、シグネチャーの熱意やアイディアに魅せられたからだったり。
趣味の延長というスタンスを崩さず、楽しく活動させてもらいました。

そんなわがままなブランドを、これまで育てて盛り上げて応援してきてくれたファンの皆さんには、ただただ感謝しかありません。
必要充分な性能を携えつつも、日本・青森・津軽の良さを落とし込む方向での、リャマからの提案はこれで一つのゴールかと考えています。
というわけで、津軽塗リジィをよろしくお願いいたします。

ちょっと落ち着いたよセール開催!

去年の中頃から仕事がまぁ忙しくて忙しくて、シングルコア0.00005Hz程度の脳みそでは仕事と家庭とリャマの両立など不可能に等しく。
ちょっとだけ余裕ができた隙に、新製品を中々出せていないお詫びという気持ちも少しあって、セールを開催します!

【対象製品その1】ハートランド2016

2012年にリリースし、本当に多くの方に高評価をいただいたハートランド。
そのハートランドを、新構造の軸を採用してリニューアルしたモデルです。

【対象製品その2】W-90

名機?いやいやまさか。迷機。

【対象製品その3】DTi

チタンならこの軸構造にしなきゃもったいないじゃない。
工場泣かせの、左右別図面。
定価がほぼ原価。マジで。

本日11/4の21時を皮切りに、毎日21時に10%ずつ値引きします。
最大で50%引き。半額でご提供します。

こちらからお買い求めください。
YoyoStudioLlama Official Store

最後に、超FAYもよろしくね!
ヨーヨースタジオリャマから買うとコラボステッカーがつきますよ。